NEW 2020年 Amazon Echoラインナップが刷新! スマートになったEcho dotとplusに注目
NEW 無印良品RVボックス「頑丈収納ボックス」はリス興業トランクカーゴOEM? アスクルで買うと安い!
NEW OUKITEL WP8 Pro 格安スポーツフォンが9月25日〜29日まで119.99ドルで発売[PR]
PR Y!mobileにLINEから乗換の理由
CHECK 衝撃Kindle Fire7タブレット3990円
CHECK 新型防水Kindle paperwhiteが最高

一度行ったらいいかも。ブルーボトルコーヒー② とSHOZO COFFEE STORE(東京都南青山)

食べ歩き

前回のつづき、Blue Bottle Coffeeです。サードウェーブの代表格、ブルーボトルコーヒー。そもそもこのお店は日本の喫茶店で、オーダーが入るたびにドリップする姿に感銘を受けてはじめた店だ。日本の喫茶店の作法+シングルオリジン=ブルーボトルコーヒーといえるのではないいでしょうか。

店内はApple Store的なスタイリッシュクール


IMG_5165 IMG_5145

店内はRC造な感じがクールでいいです。清澄白河店は狭そうなので、青山店は奥に深い作りでかなり広くていいです。手前側はハイテーブルにハイチェアとなっていますから、奥は1段上がったスペースで落ち着いた雰囲気です。トイレは2つしかないので結構混んでいます。

スターバックスのダークウッド調の雰囲気とは異なりシルバーとコンクリートのグレー、一部ウッドで統一された店内は、Apple Storeをイメージさせるには十分でしょう。

ブルーボトルコーヒー グッズも充実

IMG_5150 IMG_5151

オリジナルカップ&ソーサーはセットで2,200円、その他、トートバッグ1,200円、グラノーラ、もちろんコーヒー豆を販売しています。キャニスター、ドリッパーはともに1,800円。その他、ハリオV60コーヒードリッパーや、デジタルスケールなんかもおいてあります。

正直なところ、キャニスターなどはモノに対してかなり割高な印象を受けます。日本のモノではないですし、ブランディングもあるので高いのはわかりますが、コーヒーを日常的に自分で淹れて楽しむ人には無縁のもののように思えます。

IMG_5172

テイクアウトのカップは当然ながら紙製。ホットでも一枚でスターバックスコーヒーのようなスリーブはつきません。カップの塗りがまだらなのはめずらしいので、おしゃれ感ありますね。

一度行ったらいいかも。

IMG_5159

一度行ったらいいかも。かもっていうのには、2つあります。一度は行ってみたほうがいいよというのと、一度だけ行けばそんなに何回も行かなくてもいいかなっていうのの両方ですね。

新しい店舗ですし、話題になるだけのことはあります。なので、一度体験した方がいいと思います。今はそれほど混んでいません。一時のブームほどではなくすんなり入れます。百聞は一見に如かず、コーヒー界のアップルは一度味わっておくべきだと思います。

一方で、一度行ったら二回目は、そんなにわざわざ行かなくてもいいかもしれないですね。すごくおいしいかというとそうでもないです(個人の好みによります)。空間はすごくおしゃれだし、もっとのんびり過ごせるような空き具合だといいけれど、そこまでのんびり過ごせる雰囲気でもない。居心地がいいとはちょっと違う。なので一度だけでいいかも?とも思います。また気が向いたら行こうかな。

となりの小さなコーヒースタンド、SHOZO COFFEE

あと、この店舗、キルフェボンとSHOZO COFFEE SROREの隣にあるんです。キルフェボンしかり、SHOZO COFFEE STOREもこれがまたいい味を提供しています。

IMG_5170

すぐ隣の小さなお店、SHOZOコーヒーストアはもともと栃木の黒磯、那須で有名な珈琲店。COMMUNE 246の端っこにあるこの店舗は実はあなどれない存在なのです。スコーン、焼き菓子が揃い、コーヒーもハンドドリップ。マイルドでとてもおいしいコーヒー。ブルーボトル青山に訪れた際には、ぜひこちらもあわせて寄りたいお店なのです。

この界隈に行くなら、ブルーボトルコーヒー青山で店内で飲み、テイクアウトはショーゾーコーヒーという流れはいかがでしょう。

 

一度行ったらいいかも。ブルーボトルコーヒー①(東京都南青山)へもどります。

ブルーボトルコーヒー青山
東京都港区南青山 3-13-14 増田ビル2階
電話番号非公開 10:00–21:00

SHOZO COFFEE STORE
東京都港区南青山3-13
11:00~19:00

この記事を書いた人:たなかま

たなかま
BlackHouseの人 40代半ばのサラリーマン+ブロガー。普段はニュースメディアのマーケティングを担当しながら、個人の活動としてガジェットレビュー記事、動画の制作や、サービス企画・システム開発のディレクターをしています。 もともとは求人広告のグラフィックデザイナーをしていましたが、雑誌編集やら、そのアプリ化やCMディレクションなどをやっていたら、いろいろできるようになりました。

今月のおすすめガジェット


タイトルとURLをコピーしました