チャレンジすることへの評価/5つの分類 | BlackHouse
BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 衝撃 KindleFire7タブレット実質3,990円
CHECK Fire HD8 2017 Amazon格安タブ登場
CHECK 森山ナポリ 冷凍ピザなのにウマい!
NEW AGPTEK ROCKER-1レビュー Bluetooth対応の小型プレイヤーはiPodの代用となるのか?
NEW AmazonVideoNight 1月3週目★マミー、キングコング100円 アマゾンビデオナイト映画レンタル
NEW 刺身食べ放題ランチの大和屋音次郎 食べ放題は今月末まで!ラストラン!

チャレンジすることへの評価/5つの分類

気に入ったらみんなにシェアしてね


先日、ad:tech tokyo(マーケティング革命から経営維新まで新たなビジネスモデルを創出しようという国際的催し)が行われた。
SoLoMoマーケティングについて参加しているのでのちほどそれについては書きたいけれど、先輩がネット企業のリーダーから評価の仕方を聞いてきたのでそれを書きたい。

1.チャレンジして成功する
2.チャレンジして失敗する
3.チャレンジせず成功する
4.チャレンジせず失敗する
5.チャレンジせず批判をする

評価はこの順。
チャレンジしないで成功するよりも、チャレンジして失敗する方が上なのだ。
この違いは既存の企業とは大きくことなっていると思うし、それがイノベーションを起こすのだと感じた。
イノベーションは一つのアイデアだけで生まれるわけではない。チャレンジして失敗することの方が多いだろう。
それを許容してチャレンジ自体を評価してあげることがこれからの企業には必要なのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!
Amazonギフト券も当たります。