航空機に持ち込み可能なモバイルバッテリーは約43,000mAhまで | BlackHouse

BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
NEW オーギャマンドトキオ「炙り牛タン塩ヤキソバ」がまかないフェスからレギュラーメニュー化
NEW BLACK FRIDAYセールを開催 海外ガジェット GeekBuying.com
NEW Wantedly Peopleという名刺管理アプリの一括スキャンがすごい エイトから乗換
CHECK ついにKindle Fireタブレットを買うべき時がきた!なんと4,980円
CHECK Fire HD 8 Amazon格安タブ登場 プライム会員4,000円OFF
CHECK NURO光、事実爆速すぎた件 上下900Mbps ついに5階建までのマンションに対応
CHECK ただのKindleとKindle Paperwhite実機レビュー 今が買い時セール中

航空機に持ち込み可能なモバイルバッテリーは約43,000mAhまで

気に入ったらみんなにシェア

img_8961

先日ハワイ旅行へハワイアンエア行ったのですが「バッテリーは入っていますか?」と頻繁に保安検査場にて聞かれたのと、iPhone7購入にともないiPhoneをヤフオクで売却し発送する際に、郵便局で「バッテリーは取り外せますか?」と聞かれ、なにかと航空機でリチウムイオンバッテリーを運ぶには制限が多い世の中になっているのだなと感じています。

どういう条件のバッテリーが飛行機で運べるのか、また海外旅行、国内旅行に飛行機で行く際に、航空機に持ち込めるモバイルバッテリーの条件、容量について書いておきたいと思います。

現在市販のモバイルバッテリーはほぼ持ち込み可能

「航空機に持ち込み可能なモバイルバッテリーは約43,000mAhまで」タイトルにも書いていますが、おおよそこの記事の初回エントリー時点での「モバイル」バッテリーは上記の容量に達していないため、何の心配もなく持ち込みが可能と判断できます。

img_1007

例えば、現在ポータブルなスマホ充電池として大容量で、オススメなAnker PowerCore 20100 (20100mAh 2ポート 超大容量モバイルバッテリー) A1271012は、iPhone、Android対応の現在手に入るモバイルバッテリーの中でもかなりの容量で、iPhone6に7回以上、Galaxy S6に約5回、iPad miniに約2回の充電が可能なモバイルバッテリーです。

結論としては、この容量のモバイルバッテリーの「受託預け入れは不可」、「機内持ち込み」は、「いくつでも」可能となります。

モバイルバッテリーの飛行機移動のポイントは、受託預入ができないこと、容量による持ち込み制限数があることです。

なぜリチウムイオン電池の機内持ち込みや受託制限があるのか

2016年4月1日よりリチウムイオンバッテリーについて機内持ち込み、荷物預け入れに制限がかかっており、この規制によりモバイルバッテリーの持ち込みについて、保安検査場にて必ず確認が入ります。

最近の航空機内での発火事故などにより、制限措置がかかっているのです。これはリチウムイオン電池が外的な衝撃や温度変化により発火する危険性を持つ特徴によっています。特に預け入れ荷物は乱暴な扱いを受けたり、貨物室の温度は客室よりはるかに温度変化が激しい場所ですので、安全のため機内持ち込みをする方向性です。

Sponsored Link

モバイルバッテリーの容量で対応が異なる

リチウムイオン/Li-ionバッテリーの持ち込み可能か、預け入れが可能かの基準は実は簡単です。容量で対応が違いますが、過敏になる必要はありません。大概のモバイルバッテリーは持ち込めます。具体的にはANAのページが参考となり以下の内容となっています。

モバイルバッテリーは「予備電池」で受託預け入れ不可

モバイルバッテリーは「予備電池」です。予備電池である場合はすべて機内持ち込み、受託不可です。電子機器本体は、充電池内蔵のもので、iPhoneなどバッテリーが取り外せないもの小さな端末が160Wh以上になることはないので、持込、受託ともに可となります。

計算式が不得意な方でもWhとmAhの換算は計算しないでも大丈夫です。

種類 条件
「ワット時定格量(Wh)=定格定量(Ah)×定格電圧(V)」
個数制限 持込 受託
電子機器本体 リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が160Wh以下のもの 制限なし
予備電池 リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Wh以下のもの 制限なし ×
予備電池 リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のもの 2個 ×

100Wh以下は機内持ち込み個数制限なし、160Whは2個まで

モバイルバッテリーは受託預け入れは不可ですが、持ち込み可能な個数については、モバイルバッテリーの容量(ワット時定格量:Wh)によります。制限の基準が量で簡単化のため計算を省きますが、リチウムイオンの公称定格電圧は3.7Vとのことで、以下のように読み替えが可能です。

100Whとは27,027.02mAh
→およそ27,027mAh未満は、いくつでも持ち込み可能(預け入れ不可)

160Whとは43,243.24mAh
→およそ43,243mAh以下27,027mAh以上は2つまで持ち込み可能(預け入れ不可)

モバイルバッテリーは大容量でも20,000mAh程度なので、大概のものは100Whには満たず「預け入れ不可、機内持ち込み対象であり、個数制限はなし」となります。

このアンカーのモバイルバッテリーはiPhone6を7回以上充電可能、パナソニック製セルを使った高品質品です。だし巻き卵のような大きさと重さ354gと缶ジュース350ml缶のような重さです。5,000mAhのものも使っていますが、これが旅行に持っていけるとなると安心感が違います。

Sponsored Link


家庭の光回線を爆速にするNURO

HyperJuiceの222Whだけは持込、受託預入不可

ただし、現時点でもちょっと変わったモバイルバッテリーは、持ち込めないものがあります。HyperJuiceなどMacも充電できるような特殊大きさのバッテリーには注意が必要です。私も60Whの初代HyperJuiceを使っていますが、受託預入は全製品モバイルバッテリーなのでNG。60Whは機内持ち込み制限はなし。100Wh、150Whの製品は規定通り機内持ち込みは2つまで、222Whは持ち込み不可となります。こちらの製品は、はじめからWh表示でmAhはカッコ書きとなっていてわかりやすいです。およそ3.7VでmAhで換算されています。

HyperJuice External Battery 1.5
60Wh MBP1.5-060(16,000mAh)
100Wh MBP1.5-100(27,000mAh)
150Wh MBP1.5-150(41,000mAh)
222Wh MBP1.5-222(61,000mAh)

Macの充電までこなす、すごいヤツです。高いですが結構こういうの好きです。

電子機器本体はまず160Wh以上にはならない

予備電池の話をして来ましたが、電子機器本体はどうなの?という方もいると思いますが、こちらは160Whを超えることは、現時点の技術ではまずありません。160Whは43,000mAhで、バッテリーの重さだけで2kgを超えますから、それはモバイルではないし、スマートフォンじゃないですよね。100wAhも27,000mAhなのでこれも超えることはないでしょうから、当面機内持ち込みに制限はないと考えてよいでしょう。

ただし、サムスン電子のGalaxy Note7/ギャラクシーノート7は、アメリカで発火、火災事件になっており、リコールされたとはいえ大きな問題となっています。ANAでは、機内では電源を入れない、機内では充電しない、預入荷物に入れてはならないと明記しています。

※2016年10月11日でリコール後も発火事件が続くことから生産販売を終了することになっています。

結論、モバイルバッテリーはほぼ機内に持ち込める

モバイルバッテリーは、預け入れできないこと、27,000mAhを超えている場合は、2つまでの制限があることだけ知っていれば大丈夫でしょう。

また43,000mAhを超えるような容量の製品は、航空機で旅客とともには運べません。この場合は、すでにモバイルバッテリーの大きさでないので、わかると思います。。

買わないと思いますが、PowerHouseというバッテリーもあります。こちらもAnker製品で災害用です。露天商やキャンプにもいいんじゃないかと密かに狙ってます。

容量434Whですので、これは流石に持ち込みできません。約4.3kgということで、モバイルではありませんね。

BlackHouse 最新&オススメ記事
NEW オーギャマンドトキオ「炙り牛タン塩ヤキソバ」がまかないフェスからレギュラーメニュー化
NEW BLACK FRIDAYセールを開催 海外ガジェット GeekBuying.com
NEW Wantedly Peopleという名刺管理アプリの一括スキャンがすごい エイトから乗換
CHECK Fire HD 8 Amazon格安タブ登場 プライム会員4,000円OFF
CHECK NURO光、事実爆速すぎた件 上下900Mbps ついに5階建までのマンションに対応
CHECK ただのKindleとKindle Paperwhite実機レビュー 今が買い時セール中