Jumper Ezbook2実機レビュー MacBook Air激似の2万円激安端末 gearbest.com | BlackHouse
BlackHouse 最新&オススメ記事
毎週当たる Amazonギフト券があたる! フォロー&ツイートキャンペーン
CHECK 【圧倒的コスパ】ついにKindle Fireタブレットを買うべき時がきた!
CHECK ただのKindleとKindle Paperwhite実機レビュー 今が買い時セール中
NEW SARU 大手町 サルはモッチモチのランチ野菜パスタがいい!ホトリアよいまち(東京都大手町)
NEW Splatoon2 予約開始 アミーボ、スプラ2仕様のプロコントローラーも!
NEW ARMS/アームズ Switch先行試遊会 体験アプリがeShopに登場!のびーるウデだめし


Jumper Ezbook2実機レビュー MacBook Air激似の2万円激安端末 gearbest.com

気に入ったらみんなにシェア

海外通販サイトGearbestさま(Gearbest.com)より、ノートパソコンJumper Ezbooke2を提供いただきました。Jumperは以前紹介しているMicrosoft Surfaceに似た端末を出していた会社ですね。この会社、今度はApple MacBook Airに激似の端末を出してきました。果たしてどんな端末なのか実機レビューしていきたいと思います。

20,000円という低価格なMacBook Air14インチ…

20160426084923_88907

Jumper Ezbook2の価格はおよそ20,000円で、まずはいつも通りはスペックから。4GBメモリに64GBドライブでこのスペックだと。CPUがAtomではなくCore i3、i5あたりが乗っかってくるのですが、中国の格安端末はCherry Trailに4GBメモリ、乗っけってきますね。ノートパソコンというよりはタブレット、2in1の構成です。

20160426084926_99024

スペック比較 / SPEC

Jumper Ezbook Air Apple MacBook Air 13
価格 20,000円程度 112,800円〜
サイズ 346.5×229.5 x17.6mm 325x227x17mm
重量 1,180g 1,350g(11″は1,080g)
駆動時間 不明 12時間のムービー再生
バッテリー 10,000mAh 6700mAh
OS Windows10 Mac OS El Capitan
CPU Intel Cherry Trail X5 Z8300 1.34GHz Quad Core 1.6GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.7GHz)
メモリ 4GB 8GB
64GB 128GB〜
ディスプレイ 14.0インチ 13.3インチ
解像度 1920×1080 1440×900
カメラ Front 1.0MP Front 0.9MP
Wireless 802.11 b/g/n
Bluetooth4.0
802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth4.0

特筆すべきは14インチでこの重さでしょう。14インチにして1,180gという驚異の軽さ。先日Xiaomi Mi Notebook Airの記事を書いていますが、13.3インチモデル(日本円で75,000円程度)でも1,280gありますから、かなり軽いと言えると思います。

Sponsored Link

Jumper Ezbook 2の開封の儀

毎度恒例、開封の儀。まあそこそこちゃんとしている箱に入っており、本体を発泡スチロールで中に浮かべて輸送する方式です。梱包されているのは本体と、電源アダプター、薄い説明書の3点のみです。

IMG_5213 IMG_5215
かなりさっぱりしていますが、必要十分です。そもそもキーボード付きのノートパソコンが20,000円以下から市販されることが、驚きなのでここら辺の不要物のカットは当然といえば当然です。箱も開封すればただの空箱ですから、そんなに凝っている必要はありません。

本体は粘着性のフィルムでカバーされており傷には慎重な感じになっています。このフィルム難ありです。非常に粘着性が高く、はがすのが難しく、はがすことで液晶が曲がって破損しそうなくらいはがれにくいです。ドライヤーで温めてはがせばよかったでしょうか。気をつけてはがしましょう。

この充電器簡素です。ただのACアダプターです。最近は各メーカーアダプターの口に独自性を出していますし、AndroidタブなんかだとMicro USB充電が普通ですから久しぶりにこんな汎用的なアダプターを見てしまいました。口径的にはイヤフォンジャックと同じサイズですので、左右刺し間違い注意です。向かって右側に充電ポート左側がイヤフォンジャックになります。

IMG_5223

本体はプラスチック製です。見た目、金属製には見えますがメタリック塗装のプラスチック製で、このような持ち方をすると本体が若干たわみます。遠目からはMacbookですが、触ると別物だとわかります。

IMG_5219 IMG_5220

I/O関連は向かって右側に集中しており、奥から充電確認ランプ充電ポート、USB3.0、mini HDMI、MicroSDスロットとなります。左側が、奥からUSB2.0、イヤフォンジャックです。

左ポートの写真を見ると分かりますが、若干フタが浮いて見えます。これは、クラムシェルの上蓋部分と下側ディスプレイ側面パネルの大きさが違うからで、設計上そうなるので問題ない設計です。ディスプレイは14インチで1920*1080px、フルHDですのでこのサイズには十分でしょう。発色も問題ないです。

IMG_5218 IMG_5224

アップル製品のようにロゴがモニタ裏に入っています。このロゴですが、穴が開いているデザインでロゴ部分が凹んでいます。写真で影になっているのはくぼんでいるせいです。ディスプレイ周りには、黒色のスポンジ状のものが貼ってありディスプレイとキーボードの接触を抑えます。シルバーに黒の丸がポチポチと貼ってあるのでちょっと気になりますね。

Sponsored Link

MacBook Pro Retina13″と比較してみる

IMG_7493 IMG_7495

残念ながら、うちにはMacBook Airはありませんので、MacBook Pro Retinaとの比較です。サイズはサイズ表通りとなりますが、Ezbook 2は14インチ、16:9の横長横長フルHDディスプレイですからサイズも横長になります。縦サイズはそれほど変わりません。質感的には、遠目は変わらず寄ると質感が違うことがわかります。

裏面、共にステレオスピーカー搭載です。Ezbook 2は底についており、脚によって若干浮いていますので机との反射で音が出てくる形になります。可もなく不可もなく、悪くないです。

IMG_7491 IMG_7486

キーボードについては、ほぼMacBookを模倣ということでよいと思います。サイズ的にもほぼ同じ、キーストロークは若干浅めです。打った感じは筐体がプラスチックということもあり、安っぽい感じにはなります。DELL、HPのパソコンでよくあるのですが、バックスペースとデリートの位置がキーボードの右端ではなく端から2番目になります。これは慣れの問題だと思いますが、Macユーザーには使いづらさがあります。

MacBook Proと持ち比べたところ、重さが近かったため、念のため重量測定しています。公称1,180gということでしたが、実際には1,427gと250gも重い結果となっています。公称値の2割り増しですから、超軽量パソコンではなく、14インチとして普通としておきます。

悪いことも書きますが、20,000円ですから、お値段以上であることは間違いありません。

Jumper Ezbook2の日本語化

当然言語変更が可能です。Windows10ですからマルチ言語対応。

「設定」から言語を設定してください。これはWindowsですから簡単ですね。言語パックを選択するとしばらくするとダウンロードが完了し、日本語への変更が可能となります。日本語入力についても当然可能ですので、日本語IMEのダウンロードをしてください。私はGoogle日本語入力が好きなのでダウンロードして入れることが多いです。

Jumper Ezbook 2の空き容量

IMG_5231

全体容量は64GB。認識されているのは57.5GBで使用可能容量は42.5GBでした。中国系のアプリが入っていることもなく、最小構成といったところでしょうか。結構空いている印象です。足りない場合はMicroSDが128GBまで対応しているとのことですから、それで増設するか、小型USBメモリをさして解決でしょうか。

このクラスの輸入タブレットはキーボード別売り、Windows10、Androidのデュアルブートということが多いです。下手にデュアルブートなどにしてしてしまうと容量的にはAndroid分が取られてしまいますから、キーボード搭載と同時にWindowsに振り切ったこの端末は評価されるべきでしょう。20,000円という低価格で、この仕様。格安ノートパソコンだと中国ASUSあたりが30,000円程度で手に入りますが、メモリ2GB、ディスク容量32GBですので、ともに倍以上違います。

使用用途としては、メモリは4GBですが、CPUがAtomということからオフィス系アプリケーションでの作業・書類閲覧、ブログやSNSへの投稿、YouTube視聴などがメイン用途かと思われます。ディスプレイも大きいので自宅のファイルサーバーやミュージックサーバーとして利用するのもありですね。用途を見出せば、非常にコストパフォーマンスが高い端末にななるのではないでしょうか。

Gearbest.comからの購入・送料

送料は商品の価格に含まれており送料無料です。
料金表は以下になります。
Flat Rate Shipping 7~25営業日 無料

Standard Shipping 6~8営業日
スタンダードは、EMSですね。ちょっと早く着く追跡付き国際郵便という感じのやつです。

Expedited Shipping 4~7営業日
速達です。DHL、フェデックスなどで届きます。

ここで問題なのが「無料」Flat Rate Shippingの届くまでの日数、船便になったりもするのでしょうけれど25日ではもう忘れたころに着く、森山ナポリの感覚です(汗)。ここは確実にDHLを選択して即届けてもらいましょう。

Gearbest.comの日本語化、買い方

今まで紹介してきた海外・輸入ガジェットは「輸入ガジェット」カテゴリでまとまっていますので、ぜひご覧ください。どんなものが売っているのか、そしてそれが実用に耐えうるものなのかわかると思います。

Gearbest.comでの購入方法などはこちらをご参照ください。クーポン情報などもまとめて載せてあります。

Gearbest クーポンと買い方 セール情報と購入ガイド 詐欺サイトじゃないよ【2017年5月24日更新】
GEARBEST(gearbest.com)の記事を書いてから、結構海外ガジェット情報に興味がある人が多いと感じます。こ...

サイト全体の日本語表記ついて

PCサイトでは、ページ下部にある「Google Translator」にて日本語を選ぶことで、変換が可能ですが、スマホサイトではこの機能は提供されていません。

商品の値段と送料について

購入方法はドル建てでの金額に違和感がない方は、そのまま進めて問題ないですが、金額がドルだとよくわからないという場合には、上部の「Ship to 国名」となっているところから「Currency」通貨を「円/JPY」に変更します。「Ship to」についても「Japan」に変更してください。正しい送料になります。

購入にあたって

毎度のことですが、「海外ガジェット」カテゴリで紹介する端末は、海外での利用が前提で国内通信利用を推奨しません。海外旅行好きの方、海外出張の多い方には、渡航先でのWiFi通信端末として、SIMフリースマホは現地格安SIMの購入や、中国であればChina Unicomや北米であればZIP SIMで、現地の通話・通信、カーナビ代わりに活用でき非常に役に立ちます。海外では渡航先の認証(例えば技適、CE、FCCなど)を取得している端末をご利用ください。SIMが入る端末については、渡航先・使用国のバンド/周波数を確認する必要があります。一般に、SIMフリー端末では、バンドがあえば基本的には世界各国で、その国で販売されているSIMに差し替えることで利用可能です。

今回紹介したのは Jumper Ezbook 2
Jumper Ezbook 2 Ultrabook Laptop 14 inch Windows 10 Home Intel Cherry Trail X5-Z8300 Quad Core 1.34GHz 4GB RAM 64GB EMMC LED Screen Front Camera

Gearbest.com販売ページ

Everbuying.netの販売ページ

Sponsored Link

気に入ったらみんなにシェア

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします!

TwitterでBlackHouseをフォローしよう!Amazonギフト券も当たります。

知ってました? Amazonにもクーポンがあるんです!
BlackHouse 最新&オススメ記事
NEW SARU 大手町 サルはモッチモチのランチ野菜パスタがいい!ホトリアよいまち(東京都大手町)
NEW Splatoon2 予約開始 アミーボ、スプラ2仕様のプロコントローラーも!
NEW ARMS/アームズ Switch先行試遊会 体験アプリがeShopに登場!のびーるウデだめし
CHECK Fire HD 8 Amazon格安タブ登場 プライム会員4,000円OFF
CHECK NURO光、事実爆速すぎた件 上下900Mbps ついに5階建までのマンションに対応
CHECK ただのKindleとKindle Paperwhite実機レビュー 今が買い時セール中

さらに読む!